Menu

アフターケア・適応症状

Home

アフターケア・来院者の症状

産後の体調の変化改善

産後の体調の変化改善

出産後はホルモンバランスの関係で、骨盤周りの筋肉や靭帯が緩み骨格自体が正しく保てなくなりがちです。特に35歳を越えた出産ではそのリスクも高まりがちで、産後もバランスが戻らず、そのことが原因で妊娠前には無かった腰痛・股関節痛等の体調不良が発症します。

骨格や筋肉の原因を改善しないと痛みをかばって余計なアンバランスを生む事になってしまいます。産後の骨盤・腰椎の歪みが気になるという方に対して、産後の1ヵ月検診等で体に異常がなければ施術を行えます。

入院生活、手術による筋肉の衰え

入院生活、手術による筋肉の衰え

入院生活や運動不足により筋肉が落ちてしまうと、筋肉が落ち骨格の歪みを引き起こし腰痛・肩こりなどの原因をつくってしまいます。

長期間経過した場合では、回復又は改善が非常に難しいため、早期の正しいアプローチやトレーニングを行い筋肉硬化の改善が大切です。

年齢、経過時間などは個人差があり様々ですが、気になる症状や違和感がある場合は一度、相談してください。

腰痛

急性腰痛(ぎっくり腰)~骨盤にある関節の炎症。この関節は負担のかかりやすい場所なので痛めてしまう事が多く、痛みを感じた体は、痛みが少なくなるようにかばった動き(姿勢)をしようとします。結果、炎症以外の痛みの原因をつくってしまいます。
慢性腰痛~同じ場所への負担がかかり、腰の関節・靭帯・筋肉の支える事の出来る限界を超えてしまうことで起きます。 骨盤や背骨の位置を正しく保つ事で腰痛の改善・予防にもなり、今までは辛かった正しい姿勢が関節を矯正することで改善することができます。

肩こり&頭痛

パソコンや、背中を丸めながらの作業、目を酷使するなど姿勢の悪さから始まる背骨の歪みや、筋肉のアンバランスにより起きます症状として感じていながら諦めていたり、慣れてしまう人もいます。それが続くと偏頭痛・手の痺れ・冷え・筋力の低下などの二次的な症状へと悪化してしまいます。関節の矯正、硬くなった筋肉の改善はもちろん姿勢指導などのホームケアもご指導します。

ひざの痛み

太ももの筋肉が原因でひざの関節が正しく動くかなくなり、進行していけば関節の変形やO脚・X脚などや運動障害となってしまいます。 変形性膝関節症の場合でも磨り減ってしまった軟骨の修復は出来ませんが、原因である関節のポジションを矯正することによって痛みの軽減は可能です。

変形性関節症

膝や股関節の変形は当院でも多く診ています。患部はもちろん、全身のバランスにも原因があり、筋肉のバランスが崩れ正しく使えなくなり結果、関節軟骨の摩耗を起こします。関節に問題を抱えたまま無理な運動は無意味なものになってしまいます。しっかりと原因を改善したうえでのスポーツや歩行をオススメします。

腰痛・肩こり・頭痛・肘・手足の痺れ、膝痛、股関節痛、捻挫(ねんざ)
側弯・バランス矯正・O脚・スポーツ障害などのご相談は宝殿カイロプラクティックへ